ここから本文です

広島小園が初三塁ノック「遊撃守備の引き出しに」

3/16(土) 6:44配信

日刊スポーツ

野手9人による指名練習に参加した広島ドラフト1位小園海斗内野手(18=報徳学園)が、初めて三塁でノックを受けた。

【写真】ノックで送球する小園

三塁守備は高校時代に経験がなく、グラブを下から出すことをより強く意識した。足の使い方なども遊撃と異なるが「(遊撃守備の)1つの引き出しになる」と前向きに取り組んだ。

同じ遊撃の主力には田中広がいるだけに、三塁を守れることで出場の幅は広がる。遊撃にこだわりつつ「任されたところで全力でプレーするだけだと思っている。どこでも試合に出られたら。まずは試合に出られるように。1軍にいられるようにというのを目標にやっていきたい」と貪欲だ。周囲の盛り上がりに対し、緒方監督は「スローイングの一環」とあくまで遊撃としての育成の延長と強調した。それでも三塁挑戦は高卒新人野手の開幕1軍入りへ可能性を広げそうだ。

最終更新:3/17(日) 23:49
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事