ここから本文です

363億円男ヒヤッ ハーパーが右足に死球受け退場

3/16(土) 7:59配信

日刊スポーツ

<オープン戦:フィリーズ3-2ブルージェイズ>◇15日(日本時間16日)◇フロリダ州クリアウオーター

【写真】死球を受け叫ぶハーパー

MLB史上最高額となる13年、総額3億3000万ドル(約363億円)でフィリーズ入りしたブライス・ハーパー外野手が死球を受けて退場した。

6回の第3打席。ブルージェイズの右腕ソーントンの96マイル(約156キロ)速球が右足のくるぶし付近を直撃した。ハーパーは跳びよけようとしたが間に合わず、倒れた。しばらくうずくまっていたが怒りの表情で何か叫ぶとようやく立ち上がって自力で歩いてベンチに下がった。

X線検査の結果、骨には異常がないとのことだったが、363億円男のアクシデントにスタンドは騒然。チーム合流後、オープン戦はこの試合も含め5打数無安打とまだ本調子ではない。開幕まで2週間あるが、今後の調整やケガの具合が注目される。

最終更新:3/17(日) 23:46
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事