ここから本文です

防衛政務官がシナイ半島視察 自衛隊員派遣に向け

3/17(日) 21:23配信

共同通信

 【カイロ共同】エジプト・シナイ半島でイスラエル、エジプト両軍の停戦監視活動をする「多国籍軍・監視団(MFO)」の司令部への自衛隊員派遣を巡り、視察を行った鈴木貴子防衛政務官が17日、カイロで記者団の取材に応じた。鈴木氏は現地の安全対策が取られているとして、要員の選定など派遣に向けた具体的な作業を進める考えを示した。

 鈴木氏は16日、シナイ半島の南部と北部にあるMFO駐屯地を視察し、職務内容や生活環境を確認した。現地の治安について、派遣を検討する南部はおおむね平穏だが、北部は「注視が必要」と述べた。

最終更新:3/17(日) 22:07
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事