ここから本文です

山口大地「役者を始めた当初からの夢だった」仮面ライダーに変身、『RIDERTIME 仮面ライダー龍騎』への出演が決定

3/17(日) 20:36配信

デビュー

 舞台『真・三國無双』『宝塚BOYS』などで活躍中の俳優・山口大地が、『仮面ライダージオウ』スピンオフドラマ、『RIDERTIME 仮面ライダー龍騎』に出演することが明らかとなった。

【写真】『RIDERTIME 仮面ライダー龍騎』への出演が決定した山口大地

 本作は、『RIDERTIME 仮面ライダーシノビ』に続く、『仮面ライダージオウ』(現在放送中)のスピンオフ作品の第二弾。先日、城戸真司/仮面ライダー龍騎役にオリジナルキャストの須賀貴匡が主演を務めることが発表されていたが、今回、そのオリジナルキャストから松田悟志、高野八誠、一條俊、弓削智久、萩野崇の出演も決定。

 さらに、新たなライダーキャストとして山口大地が出演するほか、篠田諒、中島健、菅原健、そして、物語のカギを握るキャストとして、浦まゆ、石田隼の出演が明らかとなった。新旧キャストによって作り出される仮面ライダー龍騎のミラーワールドが、再びバトルロイヤルの戦場となって蘇る。

 念願の仮面ライダーシリーズへの出演について、山口は「仮面ライダーシリーズに参加することは役者を始めた当初からの夢でした。今回、平成最後の年にこうして仮面ライダーシリーズに参加できたことを心から嬉しく思います」と喜びを噛み締め、「オリジナルキャストの諸先輩方が現場でも新キャストの自分達を温かく受け入れてくださったのがとても印象的でした。特に萩野さんは過去に舞台で共演させてもらったご縁もあり、現場でも変わらず良くして頂きました。今回初めてお会いする龍騎、ナイト役の須賀さんと松田さんは、撮影の合間も自ら新キャストに声をかけ、僕らがお芝居しやすいよう、現場の空気を作ってくださいました」と撮影を振り返る。

 さらに「今回の作品は17年越しのスピンオフ。内容も当時の龍騎に今の仮面ライダージオウの世界観が加わり、新たな物語が展開されています。僕ら新キャストがオリジナルキャストの皆様と、新たな『仮面ライダー龍騎』の世界を彩ります。是非楽しみにしていてください!」と胸中を明かした。

 ビデオパス+東映特撮ファンクラブ共同企画 プレミアムドラマ 仮面ライダージオウ スピンオフ『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎」は、3月31日より動画配信サービス「ビデオパス」で独占配信される(3週連続、全3話)。

最終更新:3/18(月) 0:46
デビュー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事