ここから本文です

ナダル、フェデラーとの準決勝を右膝の負傷で棄権<BNPパリバOP>

3/17(日) 4:39配信

tennis365.net

BNPパリバ・オープン

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は16日、第2シードのR・ナダル(スペイン)は第4シードのR・フェデラー(スイス)とのシングルス準決勝に臨む予定だったが、右膝の負傷により棄権を発表した。

【フェデラーvsナダル1ポイント速報】

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはナダルのコメントが掲載されており「今日の朝にウォーミングアップをして、僕の膝は準決勝を戦うのに必要なレベルではないと感じた」と状況を明かした。

前日の準々決勝でナダルは右膝の治療を受ける中で第12シードのK・カチャノフ(ロシア)をストレートで下していた。

また、思わぬ形で決勝へ駒を進めたフェデラーは、第7シードのD・ティーム(オーストリア)と第13シードのM・ラオニッチ(カナダ)の勝者と優勝を争う。

最終更新:3/17(日) 11:05
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事