ここから本文です

照強の撒いた塩が“飛び過ぎ”て観客が「両手キャッチ」 砂かぶり席が一転、“塩”かぶり席に

3/17(日) 10:30配信

AbemaTIMES

 大相撲大阪場所の七日目に行われた幕内の一番、十両四枚目・貴源治(千賀ノ浦)と新入幕の前頭十四枚目・照強(伊勢ケ浜)の取組直前に珍しい出来事が起こった。

 相撲ファンの間では、“ソルトシェーカー”として知られている照強。しかし、この日撒いた塩は“いつも以上に”大きな弧を描き、土俵の反対側の観客にまで到達。館内が騒然とする中、対面の最前列、砂かぶり席に腰を下ろしていた男性が両手を広げ、その塩を受け止める様子がテレビに映し出された。

 その様子にAbemaTVの視聴者が「あ、客にかかった」と反応すると、続けて「とびすぎww」「塩警報発令!」「塩かぶり席」などのコメントが殺到した。

 肝心の取組では貴源治の強烈な小手投げに屈して6敗目を喫した照強に対して、「塩だけのキャラになるなよ」といった手厳しい意見も寄せられていた。

最終更新:3/17(日) 10:30
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事