ここから本文です

「中学受験は意味がない」と思っても子供に受験をさせる親の心理

3/17(日) 11:00配信

LIMO

3月でそろそろ卒業式を迎えるという親御さんも多いのではないでしょうか。首都圏を中心に2月に行われた中学受験。子供は当然ながら親も精神的にも肉体的にも疲弊してしまう行事です。今回はその中学受験について考えてみましょう。

クラスのほとんどが中学受験?!

我が家でも今年は子供が小学6年生で、ちょうど中学受験のタイミングでありました。受験結果はいろいろでしたが、一応本人が希望する中学から合格をもらい、家族では一件落着という感じです。

子供の通う学校では、クラスのほとんどの子が中学受験をするという、自分が小学生であった当時のことを考えればあり得ない状況です。しかし、これが現実というのをひしひしと感じます。

子供の友人の結果は様々で、大手進学塾のクラス分け通りの結果とならないのが中学受験の興味深い点というか、怖いところで、「えー、なんであの子が落ちちゃったの?」と同時に「へー、あの子があの学校に受かったの」という両方が起きてしまいます。

そんな中学受験ですが、果たしてそこまで大事なイベントなのでしょうか。

医学部か東大が基本。慶應文系は残念賞?

私自身、進学校と呼ばれる中高一貫校の中学受験をし、進学しました。同級生の半分近くが医学部、また東京大学にも数十人を輩出する学校です。

私はというと、慶應義塾大学の文系学部に進学をしました。誤解を恐れずにいえば、私の通った学校でいえば「国立大医学部か東大が基本」という中で慶応義塾といえども「私立の文系学部は残念賞」という位置づけです。

個人的には慶應義塾大学は良い大学であったと思います。指導教授にも恵まれ、就職活動においてもOBOGのサポートもあり、ストレスは少なかったように思います。また、社会人となると会社の中には先輩も多く、非常にいい大学だったなと思います。

ただ、一度私が進学したような学校に入れば、先の様な評価となることがあります。そしてそのような先入観を引きずってしまいかねません。それ自体が残念といえます。

1/4ページ

最終更新:3/17(日) 20:20
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事