ここから本文です

年収1000万でも貯蓄はゼロ!年収と貯蓄の関係性とは

3/17(日) 11:30配信

LIMO

年収が多ければより貯蓄が貯まるとお考えの人も多いのではないでしょうか。でも、実際はそうでないということがデータを見るとわかります。今回は公開データを加工し、年収と貯蓄額の関係について見てみました。

公開データにみる年収と貯蓄の関係性

知るぽると(金融広報中央委員会:事務局 日本銀行情報サービス局内)「家計の金融行動に関する世論調査」をもとに、2018年の二人以上世帯について、年収と貯蓄について見ていきましょう。

この調査は平成30年6月から7月にかけて、全国8000世帯(世帯主が20歳以上でかつ世帯員が2名以上の世帯)について層化二段階無作為抽出法で行われ、訪問と郵送の複合・選択式で行われています。回収率は44.7%ととなり、3579世帯が回答した結果となっています。

年収の分布について

まず、年収の分布について見てみましょう。

以下、調査に参加した世帯の年収別の分布は以下のようになっています。

 ・収入はない:1%
 ・300万円未満:17%
 ・300万円以上500万円未満:29%
 ・500万円以上750万円未満:23%
 ・750万円以上1000万円未満:8%
 ・1000万円以上1200万円未満:4%
 ・1200万円以上:4%
 ・無回答:16%
まず、年収1000万円以上の世帯が全世帯に対して8%あるということが分かります。二人以上世帯の調査であるため、一人で年収1000万円以上あるケースや夫婦共働きなどのケースも含まれているでしょう。

また、年収300万円未満の世帯が18%あることが分かります。定年退職後の世帯が含まれているでしょうから、この程度の比率になると思われます。

もっとも世帯数として最も多いのは、年収が「300万円以上500万円未満」です。同年収帯の世帯は全体の約3割を占めています。こうしてみると、いわゆる日本の世帯の年収におけるボリュームゾーンはこの年収帯だと言えます。

貯蓄が3000万円以上ある世帯の年収はいくら

貯蓄が3000万円以上の世帯数が最も多いのはどの年収帯でしょうか。

今回の調査では、年収が「300万円以上500万円未満」の世帯で貯蓄が3000万円以上の世帯が全世帯(3579世帯)のうち3.6%を占め、最も比率が高くなっています。

次いで多いのが、年収が「500万円以上750万円未満」で同2.9%を占めています。

また、3番目に多いのが、年収が「750万円以上1000万円未満」で同1.3%を占めています。

このように、「年収が多いから貯蓄が多いというわけではない」ということが分かります。

もっとも、年収が必ずしも高くない世帯で貯蓄が多いケースとして考えられるのは、夫婦どちらかが定年退職をする一方で、どちらかがまだ仕事を続けている場合で既にどちらかの退職金を手にしているケース、また定年を迎えていないものの親などからの相続を受けているケースなども考えられるでしょう。

1/3ページ

最終更新:3/17(日) 21:00
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事