ここから本文です

“古巣キラー”永井謙佑の対名古屋3戦連発弾でFC東京が3連勝!!無敗対決制す

3/17(日) 15:26配信

ゲキサカ

[3.17 J1第4節 FC東京1-0名古屋 味スタ]

 FC東京がホームで名古屋グランパスを1-0で下した。FC東京は3連勝。名古屋の連勝は3で止まり、今季初となる黒星を喫した。

 3連勝で首位の名古屋と2勝1分で2位のFC東京の直接対決。両軍とも前節から先発メンバーに変更はなし。前節の鳥栖戦で前半途中に途中交代したFC東京のFW永井謙佑も先発で古巣戦に臨むことになった。また名古屋は怪我で出遅れていたFWマテウスが今季初めてベンチ入りした。

 いきなり決定機はFC東京。前半5分、MF東慶悟のスルーパスにFW永井謙佑が反応し、完全にGKと1対1になる。シュートは惜しくも右に外してしまったが、FC東京はその後も高いラインを保ち続ける名古屋DFラインの裏を狙うパスを再三出し続けてチャンスを伺っていく。

 名古屋はコンパクトな陣形からポゼッションを高めてFC東京のゴールに迫ろうするが、パスワークの精度を欠き、なかなかチャンスを生み出すことができない。前半17分のMFガブリエル・シャビエルのシュートや、同41分のジョーのシュートもGK林彰洋に防がれて先制点にはならなかった。

 スコアレスで折り返した後半、名古屋が先にメンバーを交代。FW赤崎秀平を下げてマテウスを投入。今季初めて外国籍選手5人を同時にピッチに立たせる。しかしスコアを動かしたのはFC東京だった。9分、東のスルーパスで抜け出した永井がGKとの1対1を制す。永井は昨年の対戦でも2戦2ゴールを決めており、対名古屋は3戦連発となった。

 勢いづくFC東京は後半18分、永井がドリブルで持ち込んでシュート。GKランゲラックの好セーブに遭うが、右サイドから猛然と走り込んだMF久保建英が詰める。しかしシュートは惜しくも右サイドネットに外れる。反撃したい名古屋は出れば負けない“不敗神話”を持つMF相馬勇紀をDF宮原和也に代えて投入。和泉を右SBで起用する攻撃的布陣で勝負を仕掛ける。

 しかし名古屋はなかなか可能性を見出すことができない。FWジョーにいいボールを当てようとするが、クロスボールはFC東京の固い守りに跳ね返されてしまう。後半40分にはMF米本拓司に代えてMF長谷川アーリアジャスールを投入するが、最後までゴールを奪えず、今季初の無得点となった。

最終更新:3/17(日) 15:26
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事