ここから本文です

岡山が上田の鮮やかFK、仲間V弾で競り勝つ…福岡の未勝利が続く

3/17(日) 16:11配信

ゲキサカ

[3.17 J2第4節 岡山2-1福岡 Cスタ]

 J2リーグ第4節が17日に行われ、シティライトスタジアムではファジアーノ岡山とアビスパ福岡が激突。MF仲間隼斗のゴールが決勝点となり、岡山が2-1で競り勝った。

 岡山は前節・岐阜戦(1-2)から先発2人を変更。MF武田将平とFWレオ・ミネイロに代え、MF関戸健二とFW齊藤和樹を起用した。対する福岡は、京都戦(0-1)から2人を入れ替え、MFウォン・ドゥジェとFW城後寿をMF前川大河とFWヤン・ドンヒョンに代えて今季初勝利を目指した。

 試合が動いたのは前半15分。PA右手前でFKを獲得した岡山は、キッカーのMF上田康太が左足を振り抜くと、横っ飛びしたGKセランテスの左手を弾いてゴールネットを揺らした。

 1点ビハインドの福岡は前半27分、左サイドから切れ込んだMF松田力が思い切りよく右足ミドルシュートを放つが、惜しくも右ポスト直撃。32分には、PA右から前川が折り返したボールをMF石津大介が合わせたが、わずかにゴール右に外れた。

 それでも福岡が後半の早い時間帯に同点に追いつく。8分、PA左から松田が左足でクロスを入れ、ファーサイドに走り込んだヤン・ドンヒョンが体を傾けながら右足ボレーで合わせて1-1。試合を振り出しに戻した。

 だが、岡山がホームサポーターの声援を受けてゴールネットを揺らす。後半20分、MF仲間隼斗がPA左のFWイ・ヨンジェにパスを送り、ゴール前に走り込む。イ・ヨンジェのシュートはDF輪湖直樹に止められたが、こぼれ球を仲間が右足で難なく決め、2-1と勝ち越しに成功した。

 試合はそのまま2-1でタイムアップを迎え、岡山が逃げ切った。岡山の勝利は2試合ぶり今季2勝目。福岡は、開幕4試合未勝利(1分3敗)で2連敗となった。

最終更新:3/17(日) 16:11
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事