ここから本文です

有村架純、主演ドラマ掛け持ちで苦戦も

3/18(月) 6:00配信

シネマトゥデイ

 有村架純主演で、2017年に放送され好評を博したNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の続編が、スペシャルドラマ「ひよっこ2」として、3月25日より4夜連続で放送される(NHK総合・毎19:30~20:00)。これに合わせ、ヒロイン・前田みね子を演じる有村が取材に応じた。洋食屋「すずふり亭」の見習いコック・ヒデ磯村勇斗との結婚後を描く本作での役作りや、出世作となった「ひよっこ」への思いをあらためて語った。

【写真】有村架純、髪バッサリ!

 谷田部みね子と、ヒデこと前田秀俊の入籍という大団円で幕を閉じた「ひよっこ」。続編では、2人の結婚から2年後の1970年(昭和45年)秋を舞台に、おなじみの人物たちが登場。みね子は夫のヒデとともに、いつか2人で店を持つことを夢見て、赤坂の洋食屋・すずふり亭で働きながら、あかね荘でつつましい新婚生活を送っていた。そんな2人のすずふり亭での出来事や、みね子の故郷・奥茨城村への帰郷が描かれる。

 有村は、待望の続編について「『ひよっこ』の撮影が終わって1年以上経ちましたが、今回の台本を読んだとき、『ああ、これが「ひよっこ」の世界だな』と感じられるままを(脚本の)岡田(惠和)さんが書かれていて、時間は経ったけど経っていないような感覚でした。みなさんも『これこれ』と思っていただけるのでは」と、変わらぬ世界観を強調。「ただ、クランクインの時に『前田みね子役の有村架純さんです』ってスタッフさんに紹介されて、『ああそっか、もう谷田部じゃないんだ』って気づいたり(笑)」と、ブランクを楽しんでもいる様子。

 本作の撮影が始まったのは、2018年9月末。同時に、同年10月クールのドラマ「中学聖日記」(TBS系)を撮影中だった。「中学聖日記」では教え子と許されぬ恋に落ちる教師を演じており、役の切り替えに苦戦も。「(2018年)9月末に茨城ロケに行ったのですが、その時まだ『中学聖日記』の撮影中で、自分の中で『まだ完全にみね子になっちゃいけない』と(笑)。12月にスタジオでの撮影が始まって、その頃には『中学聖日記』も終わっていたんですが、監督の黒崎(博)さんから『声が違う』って怒られて(笑)、『早く戻って来て』って言われました」

1/2ページ

最終更新:3/18(月) 6:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事