ここから本文です

学校に行ける、当たり前じゃない ネオンきらめく高架下の「夜間学校」 昼は花売りの12歳「勉強したい」

3/21(木) 7:00配信

withnews

ボランティアが手弁当 「無給でもいい」

 何とかできないかと2016年に立ち上がったのが、市民団体の「ホワイトアーム」。ボランティアで高架下に「学校」を開き、今では30人ほどの子どもたちが勉強しに来ています。

 その一人、テットリンアウンさん(24)は2016年、偶然この高架下を通りかかり、「自分も協力したい」と飛び込んだそうです。

 子どもの頃に両親が離婚し、祖母に育てられました。「貧しいことで嫌な思いもたくさんした」と振り返ります。

 でも、仕事の合間に勉強をし、大学を卒業。システムエンジニアとして働いています。「教育があったからここまでこられた。子どもたちにもその大切さを教えたい」。仕事帰りに毎日通っています。

 決まったカリキュラムはありません。子どもたちと相談しながら、その日どんなことを学ぶか決めているといいます。

 教科書は寄付されたものがほとんど。足りない教材や鉛筆、ノートといった文房具はボランティアで買いそろえました。

 学校が始まるまでに花を売り切れなかった子どもたちのため、通りかかったドライバーらに花を売るボランティアの姿も。

 「わずかだけれど、子どもたちに勉強する時間を確保したい」

 今、ボランティアは10人ほど。無給です。

 テインジトゥンさん(22)は昨年、大学を卒業。教師になろうと準備をしている中で、この活動を知りました。昼間は飲食店でパートタイムの仕事をし、夜に勉強を教えています。

 「お金はもらえなくてもまったく問題ない。必要とされることがうれしい」

警察が踏み込む 子どもたちは……

 そんな「夜間学校」に昨年8月、警察が踏み込んできました。

 「ホワイトアーム」設立者の1人、トージンさん(26)は「急に警察官が来て、十数人の子どもたちが補導された」。多くは施設に連れていかれたといいます。

 花を売らせる児童労働を重く見たヤンゴン管区政府が、裏にいるブローカーの摘発に乗り出したというのが理由でした。

 「子どもたちは何の罪もないのに……」と声を落とすトージンさん。

 勉強を教えていることは違法ではない、仕方なく花売りをしている子どもたちが大勢いる。ホワイトアームは警察を説得しました。

 「何よりも、子どもたちがここを必要としている」

 姿を消した子どもたちはその後、少しずつ戻ってきました。

 「通学」して1年になるオッカーココ君(11)は「将来、コンピューターをつくる仕事をしたい。だから理科をがんばっているよ」。昼間は花売りをしています。

 記者にとって学校は、行くのが当たり前。小学校の頃など、勉強はやらされるものだと思っていました。

 ヤンゴンの街は今、どんどんと新しいビルが建設され、きらびやかな店に若者たちが集まっています。

 取材中、高架の近くのショッピングセンターに向かう人たちは着飾って大きな笑い声を上げながら歩いていました。

 けれども、子どもたちやボランティアの方が、私には輝いて見えました。

2/2ページ

最終更新:3/21(木) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事