ここから本文です

(MONDAY解説)千葉・小4女児死亡でも不手際 虐待対応、児相の抜本改革を 大久保真紀

3/18(月) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■NEWS
 千葉県野田市の小学4年栗原心愛(みあ)さん(10)が1月に自宅で死亡し、父親が傷害致死などの罪で起訴された事件を受け、厚生労働省は児童相談所の体制強化をめざす児童福祉法などの改正案を固めた。子どもを守るためには児相の専門性の向上や体制そのものの改革が待ったなしだが、改正案は抜本改革と言える内容ではない。何が必要なのか。

 ■「命を守る」役割、果たせず
 「子どもをいますぐ戻せ。コラッ!」
 「いきなり連れて行くのは納得できない!」
 不自然なあざがあった子どもを職権で一時保護した西日本にある児相。…… 本文:2,420文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事