ここから本文です

Switch版『スーパーリアル麻雀PV』一時配信を停止、「一部表現の制限が不十分なシーンがあったため」

3/18(月) 18:07配信

ファミ通.com

再審査後に修正パッチを配信予定
 マイティークラフトは、2019年3月18日、前週の2019年3月14日より配信開始したNintendo Switch版『スーパーリアル麻雀PV』について、一時配信を停止するとともに、公式Twitter、公式サイトでその理由などを明らかにした。

 発表によると、今回の措置は、「任天堂様よりスーパーリアル麻雀PVを一時的に配信を停止するご連絡をいただきました」とあり、任天堂の判断によるものであるとのこと。その理由は「一部表現の制限が不十分なシーンがあったため」であり、同様の指摘はCEROからもあったという。


 今後は全体のチェックと修正を行い、任天堂の再審査を通り次第、修正パッチをリリースするとしている。再配信は再来週の予定。

 ファミ通ドットコムで掲載したインタビュー記事でも語られている通り、脱衣シーンに“白い光”を施すなどの処置がなされたうえでの配信だったが、残念ながら不十分なシーンがあった模様。万全な形での再配信を待とう。
 マイティークラフトへのインタビューは以下の記事で紹介している。
Switch版『スーパーリアル麻雀PV』はサターン版準拠にしつつ脱衣シーンには白い光が! 反響次第では『PII』~『PIV』、そして新作も?
https://www.famitsu.com/news/201903/12173126.html

最終更新:3/18(月) 18:07
ファミ通.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事