ここから本文です

錦戸亮、笑顔で「トレース」クランクアップ!“真犯人”を「一緒に受け止めて」

3/18(月) 16:20配信

cinemacafe.net

本日3月18日(月)に最終回を迎える「トレース~科捜研の男~」で、主人公の科捜研の法医研究員・真野礼二役を演じた錦戸亮がクランクアップ。4か月間を全力で走りきった錦戸さんは笑顔で撮影を終え、同日には“犬猿の仲”の虎丸刑事を演じた船越英一郎もクランクアップを迎えた。

【画像】船越英一郎は「みなさんと別れるのが寂しい!」とコメント

錦戸さんは、早朝の都内でクランクアップ。全ての撮影を終え、「錦戸亮さん!オールアップです!」とスタッフが紹介すると、現場は大きな拍手と歓声に沸いた。錦戸さんは「お疲れ様でした! 去年11月下旬から始まった撮影ですが、この1週間はみなさん本当にきつかったと思います。やっと今日解放されます!笑」と、最終話に向けて連日のハードな撮影を走り抜けた感想を語り、スタッフをねぎらった。

そして「無事に全ての撮影が終わり、編集も滞りなく進んで、打ち上げで楽しいお酒が飲めたらいいなと思っています。その時はみなさん乾杯してください。お疲れ様でした!」と挨拶。4か月間、連日長時間に及ぶ撮影の疲れを一切見せず、笑顔で締めくくった。

その後、撮影を終えた心境を語った錦戸さん。クライマックスシーンを撮影した2日間が最も印象に残っていると言い、「体力的にも大変でしたが、とても緊迫したシーンだったので、いい緊張感の中で臨むことができました」とふり返った。

さらにこの日は、刑事・虎丸良平を熱演した船越さんもクランクアップ。錦戸さんとの共演シーンで4か月の撮影を全て終えた。船越さんはキャスト・スタッフを前に「本当にみなさん、お疲れ様でした! 撮影が終わった今の感想は、うれしい!」と声を上げると、現場は爆笑に包まれたが、「でもうれしい以上に、みなさんと別れるのが寂しい! これに尽きます。本当にそんな風に思わせてくれる現場を作って下さったみなさんに、心から感謝しています。ありがとうございました!」と熱く語ると、大きな拍手が沸いた。


いよいよ最終回を迎える本日の放送は90分スペシャル。真野の家族を殺害した真犯人は誰なのか――。錦戸さんは、「真野君なりの答えが出ると思います。しんどい事実かもしれませんが、みなさんも一緒に受け止めていただけるとうれしいです」と視聴者にメッセージを送っている。

■第11話 あらすじ
「武蔵野一家殺人事件」の真相を追う真野(錦戸亮)は、早川(萩原聖人)とともに食品会社社長の佐保(袴田吉彦)に会いに行った。ところが佐保は、ボイラー室のガス爆発に巻き込まれて死んでしまう。佐保は、不審死を遂げたホームレスの新妻(伊藤高史)と同じく早川の教え子のひとりであり、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯格でもあった。

科捜研に戻った真野は、虎丸(船越英一郎)を交え、ノンナ(新木優子)と海塚(小雪)にこれまでの経緯を話す。真野は「武蔵野一家殺人事件」の証拠品だった軍手に残されていた身元不明のDNA型と、妊娠していた姉・仁美(夏子)の胎児のDNA型を鑑定し、親子関係が認められることを突き止めていた。つまり、姉のお腹の子の父親が真野の家族を殺した犯人である可能性が高いのだ。そこで真野は、佐保の心臓血のDNA型を調べたが、親子鑑定の結果は不一致。

さらに真野は、佐保が死亡したボイラー室でガスの元栓部分に付着した手袋の皮革を発見する。その持ち主と思われる人物の皮膚片から採取したDNA型は、「武蔵野一家殺人事件」の軍手のDNA型と一致していた。新妻の事件同様、佐保の事件にも捜査の打ち切り命令が出た中、仁美の交際関係をもう一度洗い直す真野たち。そこで得た証言を基にさらに調べていくと衝撃の名前が浮かび上がる。そんな折、科捜研に刑事部長の壇(千原ジュニア)が突然視察に訪れ…。

「トレース~科捜研の男~」最終話・第11話は3月18日(月)21時~よりフジテレビ系にて放送、最終回90分SP。

最終更新:3/18(月) 16:20
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ