ここから本文です

(学びを語る)日本の大学入試 多様な学生、受け入れる改善を ライアン・ゴールドスティンさん

3/18(月) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 日本と米国では、大学入試で重視されるポイントが異なるそうです。米国の大学への進学を希望する日本の高校生たちを面接してきた米国人弁護士は、ある事実に驚いたといいます。

 ■外国法弁護士、ライアン・ゴールドスティンさん
 米ダートマス大に進学を希望する日本の高校生を、毎年4、5人面接しています。彼らの話を聞き、私はとても驚きました。
 それは、受験勉強のために部活動などを早々にやめてしまう生徒が多いことです。3年生は部活動に参加できない学校もあります。
 米国の有力大学の入試は、高校での課外活動や面接の結果などを重視します。…… 本文:877文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事