ここから本文です

(語る 人生の贈りもの)姜尚中:6 ソウルで決心した、自分は自分

3/18(月) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■政治学者・姜尚中

 初めての韓国でソウルの叔父の家に1カ月ほど泊まり、案内してもらいました。父方の祖母に会えましたし、母の故郷では親戚のまた親戚という具合に人が集まって歓迎してくれました。数十人と一緒に記念写真におさまったのもいい思い出です。
 弁護士として活躍していた叔父は羽振りがよく、運転手つきのベンツに乗っていました。街角の交差点に止まると、ストリートチルドレンがわっと集まってきて、フロントガラスを磨き、駄賃をねだられたものです。
 1972年の韓国はまだ貧しくて、都市部にもバラックのような住居が集まったところがありました。…… 本文:805文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事