ここから本文です

5Gに過度な期待は禁物/eSIMはMVNOにとってチャンス

3/18(月) 6:00配信

ITmedia Mobile

 テレコムサービス協会のMVNO委員会が3月8日に開催した「モバイルフォーラム2019 ~2030年を見据えた新たな競争ルールとMVNOの果たすべき役割~」。「激動のモバイル業界 MVNOの発展に必要な競争環境とは?」と題したパネルディスカッションの前編では、分離プランや接続料の話を取り上げた。後編では、中古市場や5Gについての議論をお届けする。

5GやeSIMの影響

 モデレーターはITmedia Mobile編集長の田中聡が担当。パネリストはジャーナリストの石川温氏、野村総合研究所 パートナーの北俊一氏、MVNO委員会副委員長でケイ・オプティコム 執行役員の浜田誠一郎氏の3人だ。

中古市場は盛り上がるか

 まずは分離プランに関連した中古市場について。

 石川氏は、中古品だけでなく「リファービッシュ品をもっと流通させるべき」という考え。リファービッシュ品は、分解してバッテリーが交換され、新品に近い状態で使えるようになっている。きれいで安心して使え、しかも安い。「日本で分解して作れるくらいの業者が出てくれば中古市場が活性化する」(石川氏)と期待する。

 浜田氏は、「mineoでもiPhoneのリファービッシュ品を調達し、それなりに支持されている」と紹介。業界団体が周知活動を行うことで「世界のエコシステムの中で日本の市場も同じように行くのではないか。安い端末を希望するユーザーもいるので歓迎している」とリファービッシュ品の広がりに期待した。

 また、ドコモが中古端末でもSIMロックを解除できるようになったことに対して、浜田氏は「選択の自由度が上がるのでいいこと」と回答した。mineoは3キャリアの回線を借りているトリプルキャリアだが、「例えばソフトバンク用の端末を持っていてドコモの回線を契約したいというユーザーも一定数いる」そうだ。

 ただ、中古端末は当然、5Gの通信には対応しない。ユーザーにとっては安く買えていいが、一方で、新しい技術の普及を阻害するという見方もある。

 北氏は「議論が極端に振れすぎている」とコメント。iPhoneのような高額端末が“一括0円キャッシュバック”で買える日本で、中古端末が大量に流通することはありえないという。「中古端末のシェアはアメリカでも10%ちょっとくらいしかない。日本で今、4~5%。それが20%とか30%になるのかといったらそんなことはなくて、せいぜい10~15%くらいになればいい」(北氏)

 そうなると現在のハイエンド端末偏重のマーケットから、ミドルレンジの端末に若干シフトすると北氏は予想。買い換えの際に自分の求める端末が広い選択肢から選べる世界になるという。

 新しい技術の普及を阻害するのではという懸念に対して、北氏は「これから5Gだが、ギリギリ良かったかなと。もうちょっと遅かったら確かにまずかった」と話す。

 5G端末が発売されたとしても非常に高額で、一般ユーザーで購入する人は少ないだろう。広く普及するのに2年くらいかかり、その頃には5G対応端末でも5万~6万円前後のミドルレンジ端末が出てくると北氏は予想する。「その頃には今までの異常な世界から普通の世界なり、それぞれのユーザーのお財布やITリテラシーに合わせた選択が行われていく。そうなってくれることを期待している」(北氏)

 なお、MNOが下取りした端末を再び自分で売るような流れはないのかという質問に対し、石川氏は「自分たちで中古端末を売ることはない」というキャリアの社長たちの考えを紹介。米国のキャリアには整備済み端末を売っているところもあるが、日本では「イノベーションの足を引っ張る要因になるので売る方向には行かないと思う」と石川氏は語った。

1/3ページ

最終更新:3/18(月) 6:00
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事