ここから本文です

プリンス、ケンドリック・ラマーの『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』に参加予定だった? ケンドリック本人がコメント

3/18(月) 21:52配信

rockinon.com

ケンドリック・ラマーが2015年にリリースしたアルバム『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』に、プリンスが参加する予定があったことが報じられている。

「Genius」が報じる所によると、このアルバムにはジョージ・クリントンが参加し、ロナルド・アイズレーといったシンガーのボーカルも用いられているが、もしケンドリック・ラマーが抱いていたビジョンが実現していれば、プリンスが収録曲である“Complexion(A Zulu Love)”のサビを歌うことになっていたという。




発端は2014年10月にプリンスが自身のペイズリー・パーク・スタジオにてレコード・リリース・コンサートを開催し、“What’s My Name”をパフォーマンス中に、不意にケンドリックをステージに上げたことだという。

そしてケンドリックが米ラジオ番組「Hot 97」で語ったところによると、そのライブ後に2人はプリンスのレコーディング・スタジオで時間を過ごし、ケンドリックはコラボの望みを抱きつつプリンスに“Complexion”を聴かせたのだとか。

しかしプリンスがボーカルを録る前に時間切れとなってしまったそうで、ケンドリックは、グラミー賞を主催するレコーディング・アカデミー(NARAS)が公開したインタビューにおいて次のように明かしたということだ。

プリンスは僕のレコードを聴いて、気に入ってくれて、レコードのコンセプトのおかげで話が弾んだんだ。それでスタジオでずっと話してて、気づいたら思ったより時間が経っていて何もレコーディングしてなかった。そして時間切れになったという単純な話だよ。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:3/18(月) 21:52
rockinon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事