ここから本文です

キム・ジェジュン、アジア・フィルム・アワードでネクスト・ジェネレーション賞を受賞

3/18(月) 15:20配信

WoW!Korea

キム・ジェジュン(JYJ)がまたもグローバルな人気を立証した。

 C-JeSエンターテインメントは「キム・ジェジュンが香港で開かれた『第13回アジア・フィルム・アワード(AFA)』でオープニング舞台を飾る一方で、『ネクスト・ジェネレーション・アワード』受賞の栄誉に輝いた」と伝えた。

ジェジュン(JYJ)のプロフィールと写真

 キム・ジェジュンは去る17日、香港TVBシティで開催された第13回アジア・フィルム・アワードに出席し、ネクスト・ジェネレーション賞を受賞した。韓国をはじめ海外でもファンに絶えず愛されていることを改めて立証した。

 イベント開始前からキム・ジェジュンに対する現地メディアの取材熱気も爆発的だった。レッドカーペットにキム・ジェジュンが登場するや、YOUKUやSINA、MIAOPAI、YAHOO TVなど現地で影響力のある多数のメディアがキム・ジェジュンを取材するために殺到し、キム・ジェジュンの出席のニュースと共にインタビューをリアルタイムで伝えた。

 続けてキム・ジェジュンはAFAのオープニング舞台に登場した。キム・ジェジュンは1stアルバム「WWW: Who, When, Why」の収録曲「化粧」を熱唱し、ライブステージを披露した。キム・ジェジュンの節制された感情と優れた歌唱力が引き立ち、見る者の視線を引き付け、観客は熱い感性と拍手で応えた。

 受賞者を呼んだ後、MCは場内に「彼は作詞、作曲でも秀でた才能を発揮し、海外音楽界に韓国ポップの爆発的なブームを起こした。そして音楽シーンに多くの影響を与えただけでなく、俳優としての活躍など全方位的に活動する彼こそ、新世代の代表的な存在といえる」とし、キム・ジェジュンの“ネクスト・ジェネレーション賞”受賞の理由を明かした。

 これにキム・ジェジュンは「『AFA』に初めて出席することになったが、このように素敵な賞を受賞することになり、とてもうれしい。これから一生懸命活動しなければならないと思う。そして、アジア映画のさらなる発展を祈願する」と短いが、心のこもった受賞の感想を述べた。

 このようにキム・ジェジュンは今回の授賞式に受賞者として出席し、キム・ジェジュンの冷めない韓流人気とその影響力を実感させた。

 一方、ジェジュンは4月10日に日本1stソロアルバム「Flawless Love」を発売し、日本全国6都市12公演を行うアリーナツアーを開催する。

最終更新:3/18(月) 15:20
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事