ここから本文です

いま日本で何がいくらで買える? 「すぐ買える、すぐ乗れる100%電気自動車(EV)」6選

3/18(月) 17:46配信

ねとらぼ

日産自動車「リーフ」(315万360円から)

 世界初の量産EVとして2010年に発売された日産自動車の「リーフ」は、EV史上初となる累計40万台の販売を2019年3月5日に達成しました。1つの見方では「世界で最も売れているEV」とも言えるでしょう。

 2019年3月現在、現行モデルは2017年にフルモデルチェンジを受けた2代目です。標準モデルの他に、大容量バッテリーを搭載した「リーフ e+」やスポーツグレードの「リーフ NISMO」も用意し、早くもニーズの多様化に応える多モデルのシリーズにまで成長してきています。

 通常モデルの航続距離は最大322キロ。追加されたe+モデルは約40%アップの同458キロに伸び、出力も150馬力から218馬力にアップします。また、リーフの特徴的な機能として挙げられるのが「e-Pedal」です。e-Pedalはアクセルオフで自動的に回生ブレーキと油圧ブレーキの両方を適切な配分で掛けるという機能で、ワンペダル操作が可能になります。

 ちなみにこのコンパクトカークラスには、近くホンダも100%EVを投入予定です。それが「Honda e」と呼ばれるEVコンパクトハッチ。2019年初夏に欧州で予約開始予定としています。良きライバルになりそうです。

三菱自動車「i-MiEV」(294万8400円から)

 2009年に登場した三菱自動車の「i-MiEV」も息の長い国産EVです(個人向けは2010年発売)。

 i-MiEVは、かつて販売されていた軽自動車「i」のEV版。ガソリン車は2015年に販売終了となりましたが、i-MIEVは継続され、2018年4月には新たな安全基準を満たすためのマイナーチェンジが行われました。細かい点ですが、この際に歩行者保護のためにバンパー形状が変わり、全長が伸びた影響で現行モデルは軽ではなく登録車(小型自動車)扱いとなっています。

 走行距離は最大164キロ。前述したEVの他モデルに比べれば見劣りしますが、EV時代の到来に向けてこのクルマが果たした役割は決して小さくありません。例えば、自治体の公用車やマラソン大会の伴走車、各種実証実験、タクシー会社への導入など、さまざまな形でEV導入の道筋をつけました。

 また、プジョー「iOn」、シトロエン「C-ZERO」として海外メーカーへのOEM供給も行いました。海外では特に、カーシェア車両として違った形で新時代のクルマの在り方を支えています。

3/4ページ

最終更新:3/18(月) 17:46
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事