ここから本文です

OPPOが「6つの約束」 2019年に10倍ズームスマホやFeliCa対応スマホを投入

3/18(月) 20:42配信

ITmedia Mobile

 OPPO Japanが3月18日、2019年の日本市場での戦略について発表。トウ・ウシン社長が、「日本のお客さまとのお約束」と題して、6つの約束を発表した。

10倍ズームをしている様子

 1つ目が、10倍ハイブリッドズームスマホの投入。これはMWC19 Barcelonaで発表した「ロスレス10倍ズーム」スマートフォンのことで、「ロスレス」から「ハイブリッド」に名称を変更した。焦点距離(35mmフィルム換算)が16mmの超広角レンズ、26mmの標準レンズ、160mmの望遠レンズを活用することで、10倍まで画質劣化を抑えたズームが可能だとしている。

 ただし光学ズーム相当の倍率は8倍までで、8.1倍以降はデジタルズームになる。「10倍までは800万画素を維持する」との考えから、10倍ハイブリッドズームと呼んでいる。このカメラ技術を搭載したスマートフォンを2019年度の第2四半期に発表する予定。

 2つ目が、より日本に適した方法でのコミュニケーション。日本のユーザーに対して、もっと力を込めて製品の魅力を伝えていくという。

 3つ目が、FeliCa(おサイフケータイ)と防水に対応したスマートフォンの投入。OPPOが2018年に発売した「R15 Pro」が既にFeliCaと防水に対応しているが、それに続いての対応となる。

 4つ目が、新たなシリーズである「Reno(リノ)」のスマートフォンを投入すること。詳細は語られなかったが、これまでのRシリーズとは異なる、全く新しいスマートフォンになるという。OPPO担当者によると、クリエイティブなユーザーをターゲットにしており、10倍ハイブリッドズームのカメラや、5Gに対応する準備ができているとのこと。

 5つ目が、引き続きアフターサービスを強化すること。

 6つ目が、販路拡大と、ユーザーとのタッチポイントを増やすこと。トウ氏は「(日本に参入した)2018年2月からこれまでMVNOをメインでやってきたが、実際のところ、3分の1しか力を出せていない」と語っており、キャリアへの参入が期待される。ドコモ、au、ソフトバンクに加え、10月にMNO事業に参入する楽天(楽天モバイルネットワーク)の端末取り扱いもあるかもしれない。

ITmedia Mobile

最終更新:3/18(月) 20:42
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事