ここから本文です

新「iPad Air」と新「iPad mini」は何が変わった? iPad/iPad Proと比較する

3/18(月) 23:44配信

ITmedia Mobile

 Appleが「iPad Air(第3世代)(以下、新iPad Air)」と「iPad mini(第5世代)(以下、新iPad mini)」を発表した。ここ最近のiPadは、無印の普及モデル「iPad」と、プロ仕様のハイエンドモデル「iPad Pro」の2種類に大別されており、Airとminiが登場するのは久々だ。

スペック比較

 2018年3月に発売された「iPad(第6世代)(以下、iPad)」と、2018年11月に発売された「iPad Pro(11型)(以下、iPad Pro)」との比較も交えながら、新iPad Airと新iPad miniの特徴を見ていきたい。

 iPadをエントリーモデル、iPad Proをハイエンドモデルと見なすと、新iPad Airと新iPad miniはミッドレンジモデルに位置付けられる。ただしプロセッサは「iPhone XS」などと同じA12 Bionicチップを採用しており、中身は十分ハイスペックともいえる。

 まず新iPad Airと新iPad miniの違いは、本体サイズ、重量、画面サイズ、Smart Keyboard対応の有無(Airのみ対応)、価格くらい。Apple Pencil対応やホームボタン(Touch ID)搭載など、その他のスペックは共通している。10.5型と7.9型、どちらがいいかを好みで選ぶことになる。

 新iPad AirとiPadは、サイズ感が近いので、一見すると違いが分かりにくいが、中身はiPad Airの方が大きく進化している。

 まずプロセッサはiPadのA10 Fusionチップに対して、iPad AirはA12 Bionicチップ。画面サイズはiPadの9.7型よりiPad Airの方がやや大きい10.5型。フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング、広色域ディスプレイ(P3)、True ToneディスプレイはiPadでは対応していないが、iPad Airでは対応している。また、Smart Keyboard(10.5型)を使えるのもiPad Airのみ。

 カメラのスペックは新iPad AirとiPadともに同じだ。SIMについては、新iPad Airと新iPad miniでは、Apple SIMだけでなくeSIMにも対応。iPadはApple SIMにしか対応していないので、ここも進化点だ。

 スペックで劣る分、価格はiPadが最も安く、3万円台~6万円台。新iPad miniは4万円台~7万円台、iPad Airは5万円台~8万円台だ。

 iPad Pro(11型)と比較すると、iPad Proにしかないスペックや機能は、A12 Bionicより高性能なA12X Bionicチップ、120Hzのリフレッシュレートで画面を更新する「ProMotionテクノロジー」、iPadにマグネットで接続するだけでペアリングや充電ができる第2世代のApple Pencil、Face ID(その代わりTouch IDは非搭載)、4K動画の撮影が可能な12メガピクセルカメラ、4つのスピーカーなど。

 充電端子は、iPad ProのみUSB Type-Cだが、新iPad Airと新iPad miniは従来と同じLightningが採用されている。イヤフォンジャックを搭載するのは新iPad Airと新iPad miniのアドバンテージだ(iPad Proは非搭載)。

 iPad Airは、iPadからプロセッサやディスプレイの性能が上がり、画面が大きく、本体が薄くなった。iPad miniは、iPad Airと同等の性能を持ちながら小型化を図った。「iPad Proほどではないが、もう少しいいスペックで薄い、あるいは小型のiPadが欲しい」という人にとって、2つの新機種は有効な選択肢になるはずだ。

ITmedia Mobile

最終更新:3/19(火) 2:12
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事