ここから本文です

関口メンディー始球式で記録更新ならずごメンディー!王子たちはマウンドで応援渋滞

3/18(月) 23:56配信

音楽ナタリー

関口メンディー(EXILE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、HONEST BOYZ)が、本日3月18日に東京・東京ドームで行われた「読売ジャイアンツ×シアトル・マリナーズ戦」の始球式に登板した。

【写真】関口メンディー(中央)と応援に集まった「PRINCE OF LEGEND」キャストたち。(メディアギャラリー他4件)

メンディーが始球式に挑むのは2018年6月に行われたプロ野球交流戦「読売ジャイアンツ対東北楽天ゴールデンイーグルス」に続き2度目。今回の球速は127kmで前回の記録133kmは超えられず、メンディーは「ごメンディー!」と叫びつつも「140kmは1つの目標でもあるので、次はしっかりチャレンジしたいです。超えたいです!」と早くも次回登板に意欲を見せた。

またマウンドにはメンディーも出演する映画「PRINCE OF LEGEND」のキャストである片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、鈴木伸之(劇団EXILE)、町田啓太(劇団EXILE)、川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、藤原樹(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、長谷川慎(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、飯島寛騎、塩野瑛久、清原翔、遠藤史也、こだまたいちが応援のために集結。片寄は「間近でメンディーさんの勇姿を見ることができてうれしかったです!」とコメントした。

■ 関口メンディー コメント
127kmという結果、あまり悔しくはありません! メジャーのチームがいるということで、会場の雰囲気がいつもとは全然違う空気感のなか、そのマウンドに立てたことが、本当にありがたかったです。ただマウンドに上がる前に、原監督から「135kmいけるか?」と声をかけていただいて、嬉しくて「140いきます!」と答えたのですが、それでさらに緊張してしまって…。さらにアップ時に菅野投手にアドバイスをいただいたら、それを意識して狙いすぎてしまったりもして…。140kmは1つの目標でもあるので、次はしっかりチャレンジしたいです。超えたいです!

最終更新:3/18(月) 23:56
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事