ここから本文です

NHK青山祐子アナ 15日に退局していた 4児出産し、育休中で7年のブランク

3/18(月) 20:22配信

デイリースポーツ

 「ニュースウォッチ9」のメインキャスターを2008年3月から3年間務めたNHKの青山祐子アナウンサー(46)が15日付で退局していたことが18日までに分かった。同局への取材によると、育児休職中だった。

 青山アナは11年1月に会社役員の男性と結婚。11年4月から「スタジオパークからこんにちは」の司会を務めていたが、12年1月20日放送を最後に産前産後休暇をとっていた。12年3月に第1子となる長男を出産。13年6月に第2子となる長女、15年7月に第3子次男、17年春に第4子次女を出産。約5年間で4人を出産したことでも話題となった。

 最後のテレビ出演は産休前の12年1月10日に放送された「スタパ」。産休・育休を繰り返していたため、アナウンサーとしては7年間のブランクがあった。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事