ここから本文です

辛口評論家が日本未発売の三菱製ミニバンに感動! 予想外の実力とは【月曜必読記事5選】

3/18(月) 7:11配信

オートックワン

先週話題の記事を月曜のうちにチェック

先週1週間で公開されたオートックワンのオススメ記事を、ランキング形式でご紹介。
忙しくてなかなかチェックできなかったという方必見。これさえ読めば、今話題のクルマ・最新情報がよく分かる!

■先週話題になったクルマの画像をもっと見る

▼各記事の詳細は下記リンクをクリック

1位:なぜ日本で売らないのか!? 三菱のコンパクトミニバン「エクスパンダー」に試乗

2019年某日、辛口評論家の国沢 光宏氏がタイで三菱製のミニバンである「エクスパンダー」に試乗する機会があった。国沢氏が試乗したところ、想像以上の性能だったことから早速レポートしていただいた。

記事では、具体的な性能や「日本仕様でもし出るなら!?」を徹底解説している。

2位:なぜクラウンを金色に? キンコン西野さん「ニシノクラウン」をデザイン

トヨタは2019年3月11日、キングコング・西野亮廣さんとのコラボレーションにより誕生した「ニシノクラウン」を報道陣に公開した。

ベースとなったのは、トヨタの代表車種でもある「クラウン」(グレード:2.5 S “C パッケージ”)。西野さんは、この高級車に大胆にも金色と濃紺のカラーリングを取り入れ、ニシノクラウンを完成させた。

記事では独特な製作方法や意外なデザインモチーフ、そしてド派手なカラーリングを施された“ニシノクラウン”の画像を紹介している。

3位:やはり最新のポルシェは最良なのか?!|ポルシェ 新型911 海外試乗レポート

1963年のデビュー以来、スポーツカーの王道として君臨してきた911は、新型でも誰もがすぐに911と解るスタイリング、水平対向エンジンを車体後部に積み主に後輪を駆動するレイアウトといった基本を踏襲しながら、飛躍的なまでの進化を果たしている。そこで早速、自動車ライターの島下 泰久氏が新型911の海外試乗を行った。

記事では、傍目には分からない先代モデルからの変化や走行性能、乗り心地を徹底解説している。

4位:ドリフト仕様のトヨタ GRスープラを公開|斎藤太吾選手が42日で製作

世界的なドリフトドライバーとして活躍している斎藤太吾選手が、2019年にデトロイトモーターショーで公開された新型トヨタ「GRスープラ」を世界で初めてドリフト仕様にカスタム。このマシンで次回、2019年3月23日、24日に東京お台場にて開催される「D1GP オールスターShoot-out」に参戦する。

記事ではスペックや驚きの製作期間、そしてドリフト仕様のトヨタ GRスープラの画像を紹介している。

5位:日産 デイズ&三菱 eKワゴンに新型登場! プロパイロット搭載、SUV風の新モデルも

2019年3月14日、日産自動車、三菱自動車と株式会社NMKVは、日産・三菱両ブランドから3月中に発売予定の新型軽自動車のオフライン式を、生産工場である三菱自動車の水島製作所で実施した。

新型軽自動車は、日産・三菱の合弁会社NMKVで企画・開発のマネジメントを行い、日産の先進技術と三菱の軽自動車づくりのノウハウを融合させた新世代の軽ハイトワゴン。車名は日産『DAYZ』(デイズ)『DAYZ ハイウェイスター』、三菱『eKワゴン』『eKクロス』となる。

記事では、採用された軽自動車初となる先進技術や気になる内外装のティザー画像を紹介している。

オートックワン編集部

最終更新:3/18(月) 7:11
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ