ここから本文です

老後の生活にやっぱり欠かせない年金にもかかる税金ってどのぐらい?

3/18(月) 17:50配信

ファイナンシャルフィールド

私たちが老後の生活のために必要なお金。年金だけでは足りないかもしれませんが、それでもやはり年金が主軸になります。

その年金を受け取るにも税金がかかることを知っていますか?遺族・障害の年金は非課税ですが、老齢の年金は雑所得として課税となり、年金の支払いのときに源泉徴収(税金が差し引かれること)されます。

税金をいくら徴収するのかは、日本年金機構から送付される「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」に基づいて行われますので、必ず提出しましょう。

税金がかかるのはいくらからなのでしょうか?

税金がかかる人は、その年の12月31日における年齢が
65歳未満で年金の受給額が108万円以上の人
65歳以上で年金の受給額が158万円以上の人です(※1)。

もし、あなたが65歳以上で受給額が161万円だったら、原則的には課税されることになります。ただし、日本年金機構から送付される「扶養親族等申告書」を提出すると、親族がいない場合でも受給額が162万円までは、年金から所得税が差し引かれないようになっています。

これは、「扶養親族等申告書」を提出すると、受給する年金額に応じて所得控除を受けることができるからです(※2)。65歳以上で最低月額13万5000円、年額162万円になり、税金はかかりません。

ちなみに、65歳未満では最低月額9万円、年額108万円までは税金はかからないことになります。この年額以上になると税金がかかることになります。注意点としては、「扶養親族等申告書」の提出が必要であることです。

あなたが63歳で、奥様が59歳、報酬比例部分の老齢厚生年金が168万円だったら?

例えば、63歳で年金以外の収入がなく、奥様は専業主婦の場合でみてみましょう。

源泉徴収金額の計算式
=(年金月額―基礎控除額―人的控除)×5.105%

(基礎控除額の計算式)
【65歳未満の方】 1ヶ月分の年金支払額×25%+6万5000円 (最低額9万円)
【65歳以上の方】 1ヶ月分の年金支払額×25%+6万5000円 (最低額13万5000円)(※3)

168万円÷12=14万円(毎月年金額)
14万円×25%+6万5000円=10万円(基礎控除額)
控除対象配偶者:3万2500円(人的控除)
14万円―10万円―3万2500円=7500円(課税対象額)
7500円×5.105%=382円(源泉徴収金額)
年金支給は2ヶ月分です。382円×2=764円が源泉徴収されます。

1/2ページ

最終更新:3/18(月) 18:37
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事