ここから本文です

「破産者マップ」が破産者の名前や住所を公開 弁護士「プライバシーの侵害」

3/18(月) 14:45配信

BuzzFeed Japan

「近所を歩けない」

「家族に隠していたのに知られてしまう」

「近所を歩けない」

「会社に行けなくなる」

日本羅針盤法律事務所の望月宣武弁護士のもとには、そうした深刻な相談が次々に寄せられているという。

望月弁護士は「プライバシーの侵害や個人情報保護法違反にあたり、差し止めを求めるなどの法的措置を検討しています。名誉毀損や業務妨害などに該当する可能性も含め、弁護団で対応を協議しているところです」と語る。

削除フォーム、悪用の懸念

運営者は削除要請フォームを設け、生年月日や電話番号、「削除を希望する理由」「破産に至った事情」「破産後の生活」など、より詳細な情報の入力を求めている。

望月弁護士は「無関係な情報や資料を求めており、削除請求者の情報をまとめて転売されるリスクもあるので、削除請求をすること自体が危険であることを認識してほしいです」と注意を呼びかけている。

ホスティングサービスは

同サイトが利用しているとみられるサーバーホスティングサービスは、BuzzFeedの取材に対し、「個別の案件に関しては、お客様の契約情報になるため回答を行なっておりません」としたうえで、次のように回答した。

「ウェブサイトなどにて望まない情報が送信されている場合は、まずはサイト内に掲示される運営者情報等の連絡先への連絡をお願いしております。しかしながら、運営者の連絡先が分からない、直接の連絡が取れないなどの理由により、弊社へ連絡をいただく場合がございます」

「このような場合、被害や侵害を受けているご本人様からのご依頼であれば、弊社より契約者へ送信防止の申立を意見照会する等、プロバイダ責任制限法ガイドラインの手続に則り必要な対応を行なっております」

BuzzFeedはサイト運営者に取材を申し込んでいる。回答があり次第、追記する。

(※「破産者マップ」が3月19日未明に閉鎖を宣言したことを受け、記事中にサイト名を明記しました)

2/2ページ

最終更新:3/19(火) 9:38
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事