ここから本文です

【インド】ホンダ、バイク4車種のブレーキ強化

3/18(月) 9:30配信

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

 インド二輪大手のホンダ・モーターサイクル・アンド・スクーター・インディア(HMSI)は13日、オートバイ「CBユニコーン」(排気量150cc)のABS(アンチロック・ブレーキ・システム)搭載モデルなどブレーキを強化した4車種を発表した。同日付PTI通信が報じている。

ABSを搭載した2019年モデルの価格は7万8,815ルピー(約13万円、デリー本体価格)。チューブレスタイヤを採用し、コンソールなどのデザインも改良した。

このほかブレーキを強化したのは、排気量125ccの「CBシャイン」、同110ccの「CD110ドリームDX」と「NAVi(ナビ)」の3車種。それぞれコンビ・ブレーキシステム(CBS)を搭載したモデルを販売する。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事