ここから本文です

【薬局の選び方】「調剤明細書」の見方を知ると、薬代の節約につながる なにを、どうすると、損しないのかを教えます。

3/18(月) 10:00配信

マネーの達人

お薬は、病院に行って処方箋をもらい、調剤薬局に処方箋を提出してもらいます。

お薬の代金って、どの薬局に行っても一律だと思っていませんか?
実は、その薬局の立地や扱っているお薬によって支払額が異なることが多々あります。

その点を知って、できるだけ安くお薬を処方してもらうことで薬代が節約できます。

今回は、お薬をもらうときにチェックしておきたい薬局選びのコツをご紹介します。

なぜ、薬局によって薬代が異なるのか?

同じお薬をもらうのに、処方してもらう薬局によって支払額が変わってくるというのは、何となく納得できません。

しかし、それにはさまざまな理由があるので、もらう側が自分のニーズに合わせて賢く薬局を選ぶことが大切です。

■ここを見る! お薬をもらうとき渡される「調剤明細書」
お薬をもらうときに、どのような費用がかかっているのかがわかります。

この明細書の中でお薬代に差がついてくる項目が「調剤技術料」と「薬学管理料」です。

自分がかかっている薬局において、これらがどのくらい加算されているのかチェックしてみましょう。

「調剤技術料」はココで差がつく

「調剤技術料」は、「調剤基本料」という調剤業務に対して支払う基本料金と「調剤料」という薬を調剤する技術料金を合わせたものです。

この中の「調剤基本料」が薬局によって異なります。

安い順に紹介すると

病院の前にある門前薬局 < 大規模に展開している「チェーン薬局」 < 町の薬局
です。

つまり、最も安くお薬を処方してもらえるのが、いわゆる「門前薬局」なのです。

自分が利用している薬局がどれに属するのかについては、「調剤基本料」の部分が「調剤基本料1」となっているのか「調剤基本料2」となっているのかをチェックすればわかります。

「調剤基本料1」…町の薬局
「調剤基本料2」…門前薬局

3割負担の患者の場合「調剤基本料1」の薬局は「調剤基本料2」より50円以上割り増しになります。

■「ジェネリック」ってなんだろう??
ジェネリック薬品を75%以上処方するなど積極的に調剤している薬局には「後発医薬品調剤体制加算」がついて、ほかの薬局より50円以上高くなります。

最近、ジェネリック薬品を薬局で積極的に勧められるようになったと感じている人もいるのではないでしょうか?

ただ、ジェネリック薬品を処方してもらうことで薬代は安くなります。

ですから、医師が「ジェネリック薬でもOK」と言ってくれるなら「後発医薬品調剤体制加算」がついてもジェネリック薬品を選んだ方がお得です。

1/2ページ

最終更新:3/18(月) 10:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ