ここから本文です

伊原六花「傷つきました」 ボイメン小林豊が“お姫様抱っこ”出来ず…【動画付き】

3/18(月) 22:09配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 女優の伊原六花、BOYS AND MENの小林豊が18日、都内で行われたテレビ神奈川ほか全8局とU-NEXTで放送される『明治東亰恋伽』ドラマ完成披露イベントに出席した。劇中では伊原をお姫様抱っこするシーンがあったものの「全然持ち上がらなかったんです」と反省。「『私が重いみたいじゃないですか~』って言って。結局スタッフさん3人くらいに支えてもらった」と申し訳なさげに振り返った。

 伊原は「もともと、『全然持ち上がられへんかも~』『またまたそんな事言わないでくださいよ~』と言っていたんですけど本当に持ち上がらなかったんです。結構傷つきました」としょんぼり。「僕が非力だったんです! まさか(撮影地の)明治村の中の食べ物を食べて太ったわけではいです!」と重ねると、伊原は「結構制覇しました」と茶目っ気たっぷりに微笑んだ。

 原作は、2011年に携帯アプリ配信版からスタートした明治の偉人たちとの出会いと恋を描くタイムスリップ恋愛ファンタジーゲーム。伊原は現代の女子高生で主人公・綾月芽衣を、小林は芽衣を導く奇術師のチャーリーを演じた。

 イベント終盤にはあした19日に誕生日を迎える小林を祝福してバースデーケーキが登場。会場とキャスト一同がハッピーバースデーを合唱、拍手を浴びた小林は「いや~うれしく思います」とマジ照れ。「年をとるのって、そんなに大層なこととは思ってないんですけど今年で30歳になるので、本当に大人の階段の第一歩となる年で…こんなキャラあんですけど。20代最後のお仕事がこんなに笑顔あふれるキャスト、ファンのみさなんとスタッフのみなさんとで迎えられたことがうれしいです」と感慨深けに語った。

 また昨年“バブリーダンス”で大ブレイクした大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンだった伊原は同作が初主演。「この1ヶ月、初めてのことが多くて主演や地方ロケ、不安なことも多かったんですけど、キャストやスタッフのみなさんに支えられて駆け抜けた1ヶ月だった」と手応えをみせ、「明治村で撮影させてもらったということで原作の世界観を大事に魅力が詰まった作品になっているので、たくさんの人に愛していただけたら」と呼びかけていた。

 このほか、岩永徹也、松島庄汰、とまん(XOX)、山崎大輝、高橋真佳把(BOYS AND MEN研究生)、久保田悠来、副島宏司監督も登壇したほか、この日欠席となった宮崎秋人からのビデオメッセージも上映された。

 劇場版は6月21日よりシネマート新宿ほかで公開。

最終更新:3/18(月) 22:09
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事