ここから本文です

注意すべき不整脈 異変感じたら脈拍数チェックを

3/18(月) 11:08配信

山陽新聞デジタル

 心臓病センター榊原病院(岡山市)の伴場主一循環器内科部長が「注意すべき不整脈」について寄稿した。

     ◇

 「脈」には続くものという意味があり、「山脈」や「人脈」はつながりを表現しています。体中を巡っている血管も「動脈」「静脈」と分けて名付けられています。医療現場で脈といえば、血管から感じられる心臓の拍動であり、圧力(血圧)や数(脈拍数)や乱れが問題となります。

 不整脈と聞くと脈の乱れを想像されるかもしれませんが、乱れだけでなく、脈の数が少ない(毎分50回未満)ことも、多い(同100回以上)ことも不整脈と呼びます。

 不整脈はさまざまな専門の病名に分類できますが、簡単には理解できません。また、怖いものと怖くないもの、治療が必要なものと不要のもの、急に起こるものと持続しているもの、心房の不整脈と心室の不整脈―などいろいろな種類や表現の仕方があります。そういった点からも、不整脈という病気は一般の方に分かりにくいのだと思います。

 最も怖い不整脈の状態は突然死です。突然死の原因になる不整脈は心室細動と呼び、心室の筋肉が急に痙攣(けいれん)してしまいます。その状態が続くと確実に死亡しますが、早期にAED(自動体外式除細動器)や心臓マッサージなどの処置を行えば、後遺症なく回復できます。

 健康な人が突然死することは非常に少ないです。ただし、急性心筋梗塞や重度の心不全では、不整脈で急死することがあるのも事実です。その点からみれば、突然死は予防できるものが多く、予防できる不整脈もあります。

 不整脈などの心臓・血管の病気は生活習慣病としての一面があり、心臓や血管の負担がたまった状態で発生しやすいといえます。予防のため、具体的には、喫煙、飲酒習慣、肥満、運動不足、高血圧、糖尿病などの改善が大切です。

 突然死の前に予兆がある場合もあります。失神や急に目の前が真っ暗になる「眼前暗黒感」という状態です。心臓が不整脈で機能不全になり、3~10秒間停止すると、まるで停電で電気製品が止まる時のように、予兆なく意識を失います。このような症状がある人は、脳だけでなく、心臓もチェックしてもらう方がよいことが多いです。

 心臓の痙攣がひどい場合は植え込み型除細動器(AEDの植え込み型)、脈が少なくなりすぎる場合はペースメーカーによる治療方法があります。また、検査を受けても失神の原因が分からない場合、植え込み型心電計を使って心電図を記録し、継続的に不整脈をモニタリングすることも可能です。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事