ここから本文です

中学卒業生「特攻服」騒ぎで16人補導 岡山県警が県議会委で報告

3/18(月) 21:51配信

山陽新聞デジタル

 卒業式直後の中学3年生らが「特攻服」などを着て公共の場に集まる騒ぎで、今年から補導対象に加えた岡山県警は18日、岡山、倉敷市で卒業式があった13日に16人を補導したと明らかにした。

 県議会産業労働警察委員会で報告した。13日午後1時~10時の間に、男10人、女6人を補導。うち3人(男2人、女1人)は2度補導されたという。場所は岡山ドーム(岡山市北区北長瀬表町)や岡山、倉敷市の大型商業施設などだった。

 県警は、特攻服を着て集まる行為が「非行を助長する」として補導対象に決定。13日当日は、中学3年生らが毎年集うJR岡山駅周辺に警察官ら約140人を配置するなど、警戒を強めていた。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事