ここから本文です

「新しい命を授かりましたが妊娠・出産で必要なお金はどのぐらいですか?」

3/18(月) 19:30配信

ファイナンシャルフィールド

追加で必要なお金をチェックしよう

妊娠中に、切迫早産や妊娠高血圧症候群などのトラブルになり、特別な治療が必要となるケースでは、さらに医療費が多くかかることがあります。

また、出産費用は、病院や出産スタイルによって、必要となるお金が大きく違うことを覚えておきましょう。例えば、出産の痛みを軽減させる和痛分娩や無痛分娩の場合、通常の出産費用に加えて10万~15万円ほどお金がかかります。

さらに、もうひとつ確認しておきたいのが、赤ちゃんが早産などで少し小さく産まれてしまった場合に必要となる、NICU(新生児集中治療室)などでかかるお金です。

「未熟児養育医療制度」という制度を利用すると、赤ちゃんの治療にかかる費用の大部分をカバーすることができますが、オムツ代や赤ちゃんのお洋服にかかる費用などは別料金となる場合もあります。もしもの時に慌てないために、事前に確認しておきましょう。

これから赤ちゃんが欲しいと考えているご夫婦は、経済的な不安を感じることなく、余裕を持って妊娠・出産に臨みたいですよね。

まずは、地方自治体が交付してくれる妊婦検診の補助券や、出産育児一時金の内容を把握しておくことが大切です。
そして、実際に出産する病院を選ぶ場合は、どのくらいお金がかかるのか、事前にしっかりチェックするようにしましょう。

執筆者:下中英恵(したなかはなえ)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)、第一種証券外務員、内部管理責任者

2/2ページ

最終更新:3/18(月) 19:30
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事