ここから本文です

西岡剛が栃木GB入団会見「本気でNPB目指す」内外野で登録「引き出しを」

3/18(月) 11:19配信

Full-Count

背番号は「1」に決定「5で戦力外になったので、着けたい気持ちにならなかった」

 昨季限りで阪神を戦力外となり、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスへの入団が決まった西岡剛内野手が18日、栃木・小山市内で入団会見を行った。元巨人の寺内崇幸監督、栃木GBの古後昌彦会長と会見に臨んだ西岡。ネイビーのスーツ、白のシャツ、古後会長と寺内監督と揃いのゴールデンブレーブスカラーのネクタイを締め「監督が緊張していてたのか噛んでいたので僕も緊張してきました。この機会をいただいたエイジェック、栃木県民球団に感謝したいと思います」とまず、語った。

【写真】早くも新ユニホーム姿の写真も…栃木ゴールデンブレーブスが前阪神の西岡剛の獲得を発表!

 昨季限りで阪神から戦力外通告を受け、12球団トライアウトを受験した西岡。栃木入団を決めた経緯について「戦力外になりまして、トライアウト受けた直後に栃木、独立リーグ6球団くらいから声をかけていただいたんですけど、1番最初に声をかけていただいた。NPBに戻るためには環境が大事。設備が整っている栃木を選びました。決断は2月入った時には決断していました」と明かした。

 NPB球団への入団は叶わず、独立リーグで現役を続ける道を選んだ。この決断について「高校入る時もそうですけど、選択するときも何度かありました。この後どうするか、と選択するときはあったんですけど、進んできた人生、こっちが困難だなと思う道を選んできた。選ぶ性格なので。とにかく険しい道を、ただ単に野球が好き、野球しかできない。34歳なんですけど、まだNPBに行きたいという夢を追いかけることができることを嬉しく思っています」と心境を明かした。

 背番号はツインズ時代に背負った「1」に決まった。栃木からは「1」と「5」を提示されたというが、「5で戦力外になりましたので、着けたい気持ちにならなかった。再び出発するという意味でいい番号を頂けたな、と思います」。内野手と外野手双方での登録となったことに対しては「本気でNPB目指して練習をスタートするんですけど、栃木の選手もNPBを目指している最中。同志として、入ってきて固定されるより、NPBで外野も経験したので、選択肢、引き出しを身につけて戦っていく気持ちでいます。キャッチャーはやりたくないですけど」と話していた。

 西岡は2003年にドラフト1巡目でロッテに入団。俊足好打の内野手として1年目から1軍に出場。05、06年に盗塁王、10年には3割4分6厘で首位打者に輝いた。ロッテで2度の日本一に貢献し、11年から米大リーグのツインズに移籍した。しかし、メジャーではけがに苦しみ、2年間で通算71試合出場止まり。2013年に阪神で日本復帰。昨年、戦力外になった後は12球団合同トライアウトを受け、現役続行に意欲を示していた。

篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki

最終更新:3/18(月) 11:44
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事