ここから本文です

【レース・トゥ・ロンドン】錦織は7位に後退。1位は変わらずジョコビッチ

3/19(火) 6:30配信

THE TENNIS DAILY

シーズン最後に年間の上位8選手で競う「Nitto ATPファイナルズ」の出場権をかけた「レース・トゥ・ロンドン」。ATP(男子プロテニス協会)が3月18日付けのレースランキングを公表した。錦織圭(日本/日清食品)は880ポイントで現在7位。

錦織の順位は...【最新】ATPランキング シングルス(3月18日更新)

現在、1位はノバク・ジョコビッチ(セルビア)で2,135ポイント。ジョコビッチは前週の「ATP1000 インディアンウェルズ」では3回戦で敗れたものの、2位のラファエル・ナダル(スペイン)とは530ポイント差をつけている。

そして、「ATP1000 インディアンウェルズ」で優勝を果たしたドミニク・ティーム(オーストリア)が前週から85と大きく順位を上げ5位に。準優勝のロジャー・フェデラー(スイス)は、9位から4位に浮上した。

ほかにも、同大会でベスト4入りと好成績を残したミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が前週の19位から8位となった。

次大会は3月20日から開催される「ATP1000 マイアミ」。グランドスラムに次ぐツアーレベルの大会で、錦織らトップ選手が出場を予定している。

◇   ◇   ◇

【3月18日付レース・トゥ・ロンドンランキング】
順位 名前(国籍) ポイント

1.ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 2,135
2.ラファエル・ナダル(スペイン) 1,605
3.ステファノス・チチパス(ギリシャ) 1,370
4.ロジャー・フェデラー(スイス) 1,280
5.ドミニク・ティーム(オーストリア) 1,135
6.ガエル・モンフィス(フランス) 995
7.錦織圭(日本/日清食品) 880
8.ミロシュ・ラオニッチ(カナダ) 810
9.ダニール・メドベージェフ(ロシア) 805
10.ルカ・プイユ(フランス) 730
11.ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン) 710
12.ラスロ・ジェレ(セルビア) 671
13.ギド・ペラ(アルゼンチン) 655
14.ニック・キリオス(オーストラリア) 560
15.ライリー・オペルカ(アメリカ) 547

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 インディアンウェルズ」での錦織
(Photo by Sean M. Haffey/Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:3/19(火) 8:26
THE TENNIS DAILY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事