ここから本文です

「何でも聞いて」は真に受けるな! マクドナルド「センパイ攻略TIPS」がためになる 考案の経緯を聞く

3/19(火) 7:00配信

withnews

 マクドナルド店内で食べる時に使われるプラスチックのトレイ。そこに敷かれた紙(トレイマット)に書かれた「知らなきゃ損するセンパイ攻略TIPS」がネット上で注目を集めています。「現実的で参考になる」と話題の10カ条はどのようにして考えられたのか? 担当者に話を聞きました。

【画像】全10カ条はこちら。「気合を連呼するセンパイとは…」「そんな感じ、と依頼してくる人には…」等

「てりたま」に関連して

 3月13日から使われているトレイマット。左半分で期間限定商品「てりたま」が紹介されており、右半分は「新入社員必見! 知らなきゃ損するセンパイ攻略TIPS」と題されています。

 記されているのは、「『やる気』『気合』を連呼するセンパイとは距離を置くべし!」「『何でも聞いて』という言葉は真に受けるな!」「『そんな感じで』と依頼してくる人には積極的に聞き返せ!」といった10カ条のアドバイス。

 なぜか唐突に「てりたまを、いっしょに食べる!」も含まれています。

 この内容がツイッターで紹介されると、「めちゃくちゃ参考になりますね」「さりげなく入ってくる販促が味出してていいセンス」といったコメントが寄せられています。

 「このトレイマットは13日から2週間程度を予定しています」と話すのは、日本マクドナルドのナショナルマーケティング部・西澤隆さんです。

担当者に聞きました

 このようなTIPSを掲載した狙いについて尋ねると、こんな答えが返ってきました。

 「20年を超えて愛され続けている春の定番『てりたま』を通じて、春の人と人の出会いをつなげる存在でありたいとの想いから、『春の出会いを、かみしめて。』というキャンペーンテーマをかかげています。入り交じる不安を少しでも和らげることが出来れば、また、むかし新入社員だった方にどこか懐かしく思っていただければ、と思って制作しました」

 多くの社会人が感じていることを表現したという10カ条。単なるあるあるではなく、共感できるフレーズを考えるのに苦労したといいます。

 ちゃっかり、てりたまの宣伝も入っている点については「長年ご愛顧頂いているてりたまは、先輩社員も新入社員もご存じの方が多いと思います。一緒に食べてつながりを持っていただければ、という想いで入れさせていただきました」。

 ネット上で話題になっていることについては、こう話します。

 「誰もが通る新入社員としての思いや感情を、幅広い年齢の方にご支持いただいているからだと思います。非常に嬉しいです」

最終更新:3/19(火) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事