ここから本文です

「沖縄を南の玄関に」航空業界の異端児が語る卓球スポンサー戦略 <プロフェッショナルと卓球 Peach 井上慎一#1>

3/19(火) 21:00配信

Rallys

ANAとJALという2つの巨人がマーケットを独占する航空業界において、独自のブランド戦略とアジアにおける路線拡大によりゲームチェンジャーになりつつあるPeach。

国内初のLCC(ローコストキャリア)を初代社長として率いるのが、無類の卓球好き経営者として知られる井上慎一氏(Peach Aviation株式会社代表取締役CEO)だ。

井上氏はPeachの急成長の秘訣についてこう断言した。

「すべては卓球のおかげです」

Peachは卓球を経営にどう活かしているのか?

Tリーグ開幕の3年も前から琉球アスティーダにスポンサーした狙いとは?

卓球部出身経営者だからこそ提言できる「Tリーグ盛り上げ策」なども含め3回に渡ってお話を伺った。

「沖縄を日本の南の玄関口に」 Peachの重要拠点に位置する琉球アスティーダ

――Peachは琉球アスティーダのスポンサーというイメージが卓球ファンの間で広く浸透しつつあります。Tリーグ開幕より3年も前に沖縄の卓球チームのスポンサーとなられたきっかけを教えてください。
井上慎一CEO(以下、井上):沖縄と松下さん(松下浩二 Tリーグチェアマン)。この2つのキーワードがアスティーダを応援するきっかけでした。

Peachにとって沖縄は、関西国際空港に次ぐベースとして重要な拠点です。沖縄をただの「南の離島」と認識するのではなく「日本の南の玄関口」にするぞ、という気概でビジネス展開をしています。

その沖縄には「スポーツで沖縄を盛り上げよう」というスポーツアイランド構想がありました。「沖縄から世界へ」という考え方がPeachとも親和性がありますので、ご支援できるのではないかと思いました。以前から親交のあった松下さんからこのお話があり、2015年に当時の一般社団法人琉球アスティーダへのスポンサー支援を決めました。

――松下チェアマンとの出会いのきっかけは?
井上:松下さんのファンだったんです。私が全日空に勤めていた時代に、松下さんは日本人初のプロになられ、ドイツリーグで活躍されてしていました。引退試合の全日本選手権で上田仁選手(現・岡山リベッツ)に敗れた瞬間も代々木の体育館で観戦してました。その試合後にサインを頂いたのが初めての出会いです。その時のサインは今でも大切に家に飾ってあります。

――Tリーグ発足の前から長きに亘って琉球アスティーダを支援されているおかげで、チーム強化とファン醸成の両方が叶っているように見えます。
井上:アスティーダの応援は、長い目で見ています。2年目に福原愛ちゃんの旦那さんの江宏傑選手が加入して強くなり、日本(実業団)リーグの1部に昇格しました。1部に上がるとホームゲームがあって、あれは秋の平日で雨の夜だったので、「これはお客さんガラガラかな」と思っていたら、1500人も来てくれた。

――今のTリーグの週末のゲーム並みですね。
井上:当時の実業団のホームゲームは、まだどこもお客さんが少なかったという中で、琉球のホームマッチは圧倒的な動員数だったわけですね。松下さんとともに「興行を前面に押し出せば、卓球でも観客は集められる」と手応えを感じた瞬間でした。

(編集部注:日本実業団リーグ平成29年度後期ホームマッチの観客動員数は、琉球アスティーダの1500人が1位。アスティーダ以外では男子は東京アートの380人、女子は日立化成の500人が最高だったため、アスティーダの動員数が記録的数字だったことが分かる。)

――実業団での観客動員を見て、Tリーグの琉球アスティーダも自然と応援しようとなったのでしょうか?
井上:実業団は沖縄のためという気持ちが強かったですが、Tリーグについては松下さんの想い、理念に心を動かされたことが大きいです。松下さんはドイツやフランス、中国スーパーリーグで、世界のプロ卓球選手の生活を見てきていたので、日本でも同じ仕組みを入れようと奮闘されていました。

――世界のプロ選手と同じ仕組みとは?
井上:当時松下さんが話していたことで強烈に印象に残っているのは、日本の卓球選手は「得意が殺されている」という言葉です。

どれだけ一生懸命卓球を頑張っても日本のオリンピック代表は3人しかなれない。でも4人目も5人目の選手も相当強いですよね。それなのに現役時代、引退後も普通に社会人をやっていることが多かった。

松下さんは海外で見てきたように「卓球アスリートが卓球に専念できる仕組み」を入れたい、だからTリーグを作りたいと思っていた。そこに共感しました。

1/2ページ

最終更新:7/29(月) 16:26
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事