ここから本文です

イチロー“レーザービーム”魅せた 開幕スタメン決定!サービス監督明言

3/19(火) 6:01配信

デイリースポーツ

 「プレシーズンゲーム、巨人5-6マリナーズ」(18日、東京ドーム)

 東京ドームで開幕戦(20、21日)を戦うマリナーズは18日、同所で巨人とのプレシーズンゲームに勝利した。イチロー外野手(45)は「9番・右翼」で先発出場。3打数無安打に終わり実戦は24打席連続無安打となったが、三回の守備で定位置やや後方から三塁へ“レーザービーム”を披露し、観客を沸かせた。サービス監督は試合後、アスレチックスとの開幕戦でスタメン起用する方針を示した。

【写真】イチローの背面キャッチに東京ドームが沸いた!

 全身をしならせ、放った“白い矢”がどよめきの中を一直線に伸びた。メジャーを席巻したレーザービーム。イチローが衰え知らずの肩で見る者を魅了した。

 三回無死二塁のピンチで強肩を発動した。田中俊が放った定位置やや後ろの飛球に対し、助走をつけてから捕球し三塁へ約70メートルのダイレクト送球。一塁ベンチから巨人・原監督が拍手を送っていたことを伝え聞くと、「そりゃうれしいね」と表情を緩めた。

 鍛錬のたまものだ。キャッチボールでは徐々に距離を伸ばし、常に誰にも負けない遠投を行う。「継続は力なり」。自らのパフォーマンスがその言葉を証明する45歳だが、この日の送球には「フォーシームで握れてない。グリップがちゃんと合っていれば、もっと(指に)かかった球がいくんだけどね。これは望みすぎです」と決して満足はしていない。

 一方の打撃はこの日も沈黙した。第1打席でバットを折られての一ゴロに倒れると、四回1死二、三塁の第2打席では右翼席からイチローコールが起こった。しかし、左腕・戸根のスライダーに見逃し三振。七回の第3打席も中飛に倒れ「すごい空気がよくてね、ヒット1本打ちたかったけど。それは残念でした。ジャイアンツファン好きになりましたね。すごくよかったです」とイチローは言う。

 3打数無安打に終わり、アリゾナでのオープン戦を含め実戦24打席連続無安打。打率は・065でも試合後の会見でサービス監督は開幕戦のスタメン起用を明言した。「それ(気持ち)は勝手に高まるから」。イチローのメジャー19年目のシーズンが、いよいよ幕を開ける。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事