ここから本文です

【DEEP】DJ.taikiが弥益ドミネーター聡志の持つフェザー王座に挑戦「最後のタイトルマッチになる」

3/19(火) 18:38配信

イーファイト

 5月12日(日)に開催される『DEEP 89 IMPACT』(東京・ニューピアホール)で、フェザー級タイトルマッチが決定した。

【フォト】サッカーボールキックを何度も入れる弥益

 第4代DEEPバンタム級王者DJ.taiki(36=パンクラスイズム横浜)が、弥益ドミネーター聡志(29=team SOS)の持つ王座に挑戦する。

 DJ.taikiは2004年4月にキックボクシングでプロデビュー後、同年10月からはMMA(総合格闘技)に出場。DEEPのほかにもRIZIN、パンクラスに参戦し、シュートボクシングやK-1にも挑んだマルチ格闘家だ。

 切れ味鋭い打撃とテイクダウン&コントロールの強さを発揮し、2013年4月にDEEPバンタム級王座を奪取。2016年10月の初防衛戦から3連敗を喫していたが、その後2連勝。昨年12月には連勝中のストライカー・石司晃一に勝利し今回のタイトル挑戦に繋げた。

 DJ.taikiは自身のブログで「最後のタイトルマッチになるでしょう。36でタイトル獲れんやつが38でタイトル獲れるとは思わんし。もう俺の人生で必死に何かを頑張るというのも最後。あと2カ月の貴重な頑張ることが出来るということにありがたみを感じようとおもいます」と選手生活終盤に向かってまくり上げる。

 王者の弥益は打撃と関節・絞め技の極めが強い選手。昨年6月には当時の王者・芦田崇宏にサッカーボールキック連打からのアームロックで1R1分35秒、一本勝ち。続く10月にはベルトを賭けた芦田を返り討ちにし王座奪取した。現在7連勝中。

 弥益は自身のSNSで「ただの格闘技ファンだった頃、画面越しに応援していた選手が俺のベルトを奪いに来る。たまらないよ」と投稿。弥益はかつての憧れの存在を超えることが出来るか。

最終更新:3/19(火) 18:38
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ