ここから本文です

今夜最終回!「初めて恋をした日に読む話」恋の結末に注目

3/19(火) 17:16配信

シネマトゥデイ

 TBS系ドラマ「初めて恋をした日に読む話」の最終回が19日の22時から放送。ついに東大受験と恋の結末が描かれる。

横浜流星の舌ペロも話題!【写真】

 持田あきの同名漫画を基に、鈍感な塾講師の順子(深田恭子)とタイプ違いの3人の男性の四角関係を描く本作。幼い頃から順子に思いを寄せるいとこの雅志(永山絢斗)、順子の教え子であるピンク髪のイケメン高校生・匡平(横浜流星)、匡平の担任でもある順子の同級生・山下(中村倫也)という、三者三様の男性陣に魅了される視聴者が続出しており、放送後には「はじ恋」「ユリユリ」などの関連ワードがTwitterでトレンド入りするなど、盛り上がりを見せている。

 四角関係の行方に視線が集まるなか、父親が汚職事件に巻き込まれてしまった匡平を救うため、山下は事件の当事者である元妻の父親に掛け合い、真実を明らかにしてもらう代わりに政治家に転身して元妻と再婚することを選択。恋のバトルは雅志と匡平の一騎打ちになるかと思われたところで、匡平の東大二次試験当日に順子が交通事故に遭うという衝撃の展開が訪れた。

 その続きが描かれる最終回。大事なレセプションを投げ出して順子のもとへ駆けつけた雅志に対し、匡平は激しく動揺しながらも試験を受けることを選ぶ。東大受験の結果、順子の運命、恋の行方はどうなるのか……まだ連載中の原作よりも一足先に、ドラマならではの結末が描かれる。(編集部・吉田唯)

最終更新:3/19(火) 17:16
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事