ここから本文です

【マンガ】“試験問題に小説などを使う”のは、著作権的にどこまでセーフなの?

3/19(火) 11:03配信

ねとらぼ

 国語や英語の入試試験でおなじみとなっている、小説や論説文の長文読解。著作権が切れていない文章が使用されることもありますが、トラブルになることはないのでしょうか。

【4コマのつづき】

解説

 著作物を問題作成などに利用するときのルールについて書かれているのは、著作権法第36条。「入学試験」「学識技能に関する試験」などでは、公表された著作物を複製してよいとされています。

 ただし、「テストに使うなら、好き勝手に使ってよい」というわけではなく、日本著作権教育研究会によれば、以下のようなトラブルが考えられるとのこと。

・推理小説の結末が分かる部分を引用する:いわゆる“ネタバレ”になってしまうため
・テストで使うには長過ぎる文章を、書き換えて短くする:「論旨が変わる」「作風が無視される」などの理由からクレームを受ける可能性
・難しい単語を、簡単な単語に差し替え:これが「英語の著作物で最も多い」クレームだとか

主要参考文献

・入試問題と著作権(日本著作権教育研究会)
・著作権法(e-Gov)

ねとらぼ

最終更新:3/19(火) 11:03
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事