ここから本文です

JapanTaxiタブレット搭載のタクシーが「d払い」のコード決済に対応 アプリ配車予約なしでも支払いOK

3/19(火) 11:25配信

ITmedia Mobile

 JapanTaxiの「広告タブレット」または「決済機付きタブレット」(以下まとめて「タブレット」)を搭載するタクシー約1万台が、3月19日からNTTドコモの「d払い(街のお店)」による乗車料金(運賃)の支払いに対応した。運賃精算時にタブレットでd払い(街のお店)用のQRコードを表示し、それを「d払い」アプリで読み取ることで決済できる。

【QRコードを表示してアプリで読み取って払う】

 d払い(街のお店)を使って運賃を支払うと、「dポイント」が200円につき1ポイント付与される。ドコモと契約した回線を持っている場合は、携帯電話料金との合算払いも選択できる。

利用方法

 JapanTaxiのタブレットでd払い(街のお店)を利用する手順は以下の通り。


1. 運転手に乗車料金の支払いを申し出る
2. タブレットの表示が変わったら「QRコード決済」をタップする
3. 決済方法の選択画面になったら「d払い」をタップする
4. d払いアプリで表示されたQRコードを読み取る
5. 決済完了画面を確認し、領収書を受け取る
6. 降車する

「流し乗り」や「乗降場での乗車」でもd払い

 JapanTaxiとNTTドコモでは、2018年12月21日から「JapanTaxi」アプリにおいて「d払い(ネット)」による支払いに対応している。

 ただし、この方法ではJapanTaxiアプリを使って配車予約をしないとd払いできない。街中を走っているタクシー(いわゆる「流し」のタクシー)を捕まえて乗車する場合、あるいは駅などのタクシー乗降場で待機しているタクシーに乗車する場合は別の支払い方法を使う必要があった。

 今回、JapanTaxiのタブレットがd払い(街のお店)に対応したことで、流し乗りや乗降場からの乗車でもd払いできるようになった。

 なお、d払い(街のお店)での乗車料金支払いは、3月31日まで実施している「d払いでdポイント40倍還元!キャンペーン」の対象となるため、期間中は決済金額200円ごとにdポイントが40ポイント付与される(上限は5000ポイント)。

ITmedia Mobile

最終更新:3/19(火) 11:25
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事