ここから本文です

Webベースの攻撃を阻止 Microsoft、ChromeとFirefox向けの拡張機能を提供

3/19(火) 11:58配信

ITmedia エンタープライズ

 米Microsoftは3月15日、Webブラウザベースの攻撃阻止を目的とした拡張機能「Windows Defender Application Guard」を、Googleの「Chrome」と、Mozillaの「Firefox」向けに提供すると発表した。

 同拡張機能では、ユーザーがChromeやFirefoxで閲覧するWebサイトのURLを、企業の管理者が指定した信頼できるWebサイトのリストと照合。信頼できないWebサイトと判断した場合は、自動的にMicrosoftのWebブラウザ「Edge」のセッションへとリダイレクトして隔離する。

 ユーザーは、隔離されたMicrosoft Edgeのセッション内で、他のシステムを危険にさらすことなく、そうしたサイトを自由に閲覧できるという。

 セッションは動的な切り替えができ、Microsoft Edgeの隔離されたセッション内にいたユーザーが、信頼できるサイトに戻ろうとすると、デフォルトのブラウザに切り替わる。

 ChromeとFirefox向けのWindows Defender Application Guardは、3月15日にリリースされたWindows 10 Insider Preview版に搭載され、間もなく公開される「Windows 10 Pro」と「Windows 10 Enterprise」の更新版で正式提供開始を予定している。

ITmedia エンタープライズ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事