ここから本文です

【シードリング】世志琥がアイドルレスラーに怒りの絶縁状

3/19(火) 16:36配信

東スポWeb

 女子プロレス「シードリング」の世志琥(25)が18日、堀田祐美子(52)率いる「アクトレスガールズ」に絶縁状を突きつけた。

「二度と関わりたくない。私の前に姿を見せるな」。世志琥は怒りを押し殺しながら言葉を並べた。発端は8日のシードリング新木場大会だ。あらゆる反則が認められる特別ルールで堀田と一騎打ちし、最後はパイプイスで返り討ちに…かと思われた。ところがそこに堀田が指導するアクトレスガールズのメンバー、安納サオリ(28)が飛び出して誤爆。大流血の安納は救急車で搬送された。

 試合はノーコンテスト裁定が下され、世志琥は「堀田に要求されて試合をしたら、なぜかアイドル崩れが出しゃばって、ギャーギャー騒いで血を流して…。普通にイスで殴っただけっすよ? 救急搬送とか貧弱すぎるし、正直、戦う世界が違いすぎる」と断罪した。

 さらに「巻き込まれてワケ分かんないし、同じリングに上がりたくない。堀田もあいつらに利用されてるだけってなんで気づかないの?」と吐き捨てた。アイドルレスラーを目指した世志琥と現役アイドルレスラー、抗争の行方に注目だ。

最終更新:3/19(火) 16:36
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事