ここから本文です

【卓球】張本が石川とのペアに手応え

3/19(火) 16:36配信

東スポWeb

 卓球Tリーグの東京を初代王者に導いた張本智和(15)が18日、都内で木下グループが開いた「感謝の会」に出席。優勝から一夜明け「昨日はまだ実感がなかったけど、少しずつ湧いてきました」と笑顔で振り返った。

 今後は26日開幕のワールドツアー・カタールオープンから、4月の世界選手権(ブダペスト)に臨む。世界選手権で注目を集めているのが石川佳純(26=全農)と組む混合ダブルスだ。すでに練習を開始しており「石川さんはダブルスも上手で自分がやりやすいところに打ってくれる」と早くも手応えを感じている。

 張本&石川のペアは東京五輪に向けても期待が大きいことは本紙が報じた通りだが、モチベーションにしているのが4月2日に控えるプロ野球・楽天―日本ハム戦の始球式。「卓球のボールは毎日投げているけど、(野球の)重いボールでは投げてなくて…」と周囲を笑わせながらも心待ちにしている様子だ。

 また、大ファンの楽天にFA加入した浅村栄斗内野手(28)について「昨年の打点王ですし、浅村選手がいれば優勝できると思う」としたうえで「打点が多いということは勝負どころで打てているということ。自分も勝負どころでポイントを取っていきたい」。犬鷲の新戦力に負けじとラケットで得点を稼げるか。 

最終更新:3/19(火) 16:36
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事