ここから本文です

45歳とは思えないイチローのレーザービームに巨人ナイン脱帽

3/19(火) 16:35配信

東スポWeb

 何とか見せ場はつくった。マリナーズのイチロー外野手(45)が18日、巨人とのプレシーズンゲームで東京ドームを大きく沸かせたのは3回無死二塁の場面だ。田中俊の右飛を定位置で捕球すると軽く助走をつけて三塁手ヒーリーにダイレクト返球。衰え知らずの“レーザービーム”を披露し「この2日間で(魅せる守備機会が)あるかどうか分からないから。そこで(打球が)来てくれたんで当然ですよね」とクールに話した。

 スタンドのファンばかりでなく巨人ベンチも沸いた。ゲレーロは「捕球体勢も良かったので(三塁へ)行くのをやめた。完璧な送球だった」と口あんぐり。ベンチから拍手を送った原監督は「知っている限りのイチローの姿であった」とたたえ、三塁コーチャーボックスの元木内野守備兼打撃コーチも「見ての通りだよ。ストライク!」とうなった。

 ただ、肝心の打撃は調子が上がってこない。この日も3打数無安打で、米国でのオープン戦から24打席連続無安打。4回一死二、三塁の第2打席では左腕・戸根が投じた低めスライダーに反応できず見逃し三振。球審からコールを受けた瞬間、打席で思わず体を曲げながら下を見つめた。

 サービス監督は試合後に「イチローはもちろん先発する。第1戦に先発して、それからどうするかを見てみたい」と明言し「ここ2試合、打撃でいいものを見せられなかったが、数日間で(状態を)変えられるのがイチロー。それを楽しみにしたい」と期待した。

 長いトンネルから抜け出せないまま20日の開幕アスレチックス戦(東京ドーム)に臨むイチローは「ヒット1本打ちたかったけれど、それは残念でしたね。始まってしまうという感じは別にないですね」と語った。指揮官も期待する“奇跡の復調”となるか。

最終更新:3/19(火) 16:35
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/19(金) 20:30

あなたにおすすめの記事