ここから本文です

沖縄に絶滅危惧ジュゴンの死骸 今帰仁村の沖合で漂流

3/19(火) 14:27配信

共同通信

 沖縄本島周辺で生息が確認されている絶滅危惧種の海獣ジュゴンの死骸が沖縄県今帰仁村の沖合で漂流していたことが19日、分かった。今帰仁漁業協同組合が明らかにした。防衛省沖縄防衛局などの調査によると、日本で生息がはっきりと分かっているジュゴンはわずか3頭。自然保護関係者によると、体の特徴から死骸はこのうちの1頭で、同村沖を主な生息場所としていた雌とみられる。

 組合によると、ジュゴンの死骸は体長約3メートル。頭部や顔、胸のひれに傷や出血があった。

 米軍普天間飛行場の移設先、名護市辺野古に面した大浦湾の藻場では、ジュゴンが食べたとみられる餌の跡が見つかっている。

最終更新:3/19(火) 14:39
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事