ここから本文です

街の電信柱が各社共用の「5G」基地局に 東電、KDDI、ソフトバンク、楽天が本格検討へ

3/19(火) 17:56配信

ITmedia NEWS

 東京電力パワーグリッドは3月19日、次世代通信規格「5G」基地局の設置場所として、通信事業者各社が電信柱などの電力インフラ設備を共用する仕組みの実証実験を始めると発表した。KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルネットワークが参加する。

【画像】5G基地局として電信柱をシェアする仕組み

 基地局の設備を事業者間で共用する仕組みの検討は、以前から東京電力パワーグリッドがKDDI協力の下で進めていた。電力インフラ設備に基地局の実機を設置して実験することで、具体的な機器の配置場所や施工手順、電波干渉状況などを確認する。

 電柱を基地局の設置場所として各社が共用することで、都市部における柔軟な基地局整備や設置場所の確保、景観の問題、地方で5Gの早期サービス開始といった課題の解決が図れるという。

 特に5Gは通信の高速化や大容量化によって高周波数帯の電波が使われるのが特徴で、現行の4Gに比べ、基地局数の増加が見込まれている。

 総務省も通信事業者各社に基地局設備の共用を促している。

ITmedia NEWS

最終更新:3/19(火) 17:56
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事