ここから本文です

開業日は再来年6月 サンエー「宮古島シティ」

3/19(火) 14:29配信

宮古毎日新聞

沖縄県に届出、空港向いに/25日に住民説明会

 沖縄県は18日までに、サンエー(本社・宜野湾市、上地哲誠社長)が平良下里に計画している大型ショッピングセンター「(仮称)サンエー宮古島シティ」について、同社が大規模小売店舗立地法に基づき提出した届出書の内容を公表した。開業日にあたる店舗新設日は、2021年6月1日となった。


 届出書などによると、建物はS造(主体構造を鉄骨で建築)3階建て。店舗面積は1万2649平方メートルで、駐車場は975台を収容可能となっている。建設地は宮古空港向いのJTAドーム宮古島の隣接地で、同社は25日に建設予定地周辺住民を対象にした説明会を開催する予定。


 店舗1階には食品売場(2276平方メートル)や電気館(1646平方メートル)のほか、薬品と化粧品の販売コーナー、ベーカリーカフェを配置。2階には、同社直営の衣料品売場や物販コーナー、テナントスペース、飲食店(大阪王将、和風亭など)、フードコートがある。3階と屋上には駐車場を設置した。


 建物の敷地面積は2万9140平方メートル、建築面積は1万7623平方メートル、延床面積は5万3015平方メートル。駐車場は、屋外に246台、店舗3階に313台、店舗屋上に416台を確保した。駐輪場も合計48台の収容スペースを設けている。


 駐車場については、ドームで開催される全日本トライアスロン宮古島大会の開・閉会式などイベント開催時には、ドームの臨時駐車場として活用する予定。


 ドームの駐車場(約500台収容)と合わせた総駐車台数は約1480程度となる。

最終更新:3/19(火) 14:29
宮古毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事